「ぼくにげちゃうよ」

「ぼくにげちゃうよ」 マーガレット・W・ブラウン文 /クレメント・ハード絵 /いわた みみ訳


追いかけっこ・かくれんぼの繰り返しが、楽しい絵本。
ぼくが逃げようとする《白黒イラストと文》の見開き1頁と、
僕が逃げて、母さんが追いかけたり捕まえようとしたり、待ってたりする《カラーの絵だけ》の見開き1頁
が、交互に続きます。ウサギの子とお母さんが、どんな風に変身して追いかけっこするのか?
ちょっと奇抜な、想像を膨らませた色々な情景が描かれているカラー頁では、会話がはずみます。
文のないカラー頁は絵本を読んでいる親子の会話が《文=お話》ですね。
原書で、何と書かれているか分らないのですが、《ぼく》という和訳は、的を得てるなと思います。
《男の子》向き、男の子でも飽きない、活動的な絵本です。
最後、子ウサギが~だったら、かあさんのそばにいよう。~と思うあたり、自立心が芽生えつつある子どもが、母の腕に帰ってくるあまやかさがあります。


ぼくにげちゃうよ
ほるぷ出版
マーガレット・ワイズ・ブラウン

ユーザレビュー:
心温まる絵本です自我 ...
受け取り手によっては ...
母の愛情を痛いほど感 ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック